So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

Buckshot LeFonque

やっと春がやって来ましたね^^[かわいい]

ついこの間、寒風の吹きまくる中「3月なのになんでこんなに寒いんじゃ~[もうやだ~(悲しい顔)]」って

ブツブツ言いながら仕事してたのがうそのようです(笑)


さて、今回の記事で紹介したいのは Buckshot LeFonque (バックショット・ルフォンク)

Branford Marsalis (アメリカのジャズサックス奏者)が1994年に古典的なジャズと

ロック、ポップス、R&B 、ヒップホップ との融合を目的に立ち上げたグループです。


『Buckshot LeFonque』(1994年)、『Music Evolution』(1997年)の2枚のアルバム

出しているんですが、その目的通り見事に混ざりまくってる(笑)

めちゃくちゃバラエティに富んでて面白い!

ヒップホップ色の強いジャジーな曲もあるし、ジャズ・ファンクかなぁっていうのとか、女性ヴォーカルの

ムーディーなバラードが入ってたりね(笑)



今回は、1stの 『Buckshot LeFonque』 の方から2曲紹介しますね。



その中の一曲が入ってる、私がこのBuckshot LeFonqueを知るきっかけになったのがこれ。



220px-Mibsoundtrack.jpg


映画「Men in Black」のオムニバスのサントラの中で、一番よく聴いていた曲だったんですよね[るんるん]

去年、Men in BlackⅢ が公開されてるからちょっと懐かしいかな^^;


「Some Cow Fonique (More Tea, Vigar?)」



ねっ、聴いたことあるでしょ? 

トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス[黒ハート]のひょうきんコンビにぴったりな曲だと思いませんか?(笑)

ブランフォード・マルサリスのファンキーなアルトサックス、キャッチーなメロディの随所に光るアドリブ、ホーン

セクションの素敵なハーモニー♪ それに加え、スライドギターがいい味付けしてるでしょ[揺れるハート]


当時はこのグループ全然知らなくて、久しぶりに聴いてこの曲の良さを再認識しちゃって、じゃ他の曲も聴い

てみようと思って調べてたら、ブランフォード・マルサリス?どっかで聞いたような(・_・?)?

そうなんですよね。 

去年誰かの誕生日にコメント欄に貼った トランペット奏者ウィントン・マルサリスの「Happy Birthday」(笑) 

彼はブランフォードの弟さんでした。

このセッションの動画、凄く楽しそうで大好きだから何回も見てたんですよね^^;


そして、も一つびっくりしたのはブランフォード・マルサリスは小曽根真さんのアルバム『Pandora』に2曲参加

してた!工エエェェェ(゚Д゚)ェェエエ工ー

更に参加アーティストを何気なく見ていたら、上のMen in Blackの曲のドラマーは、Jeff "Tain" Watts!

えーっ、知ってる知ってる(゜ロ゜;)!!

去年の9月、ブルーノート東京に小曽根さんのライヴ聴きに行ったんですが、なんとこの人が出てたんですよ。


MAKOTO OZONE TRIO
featuring CHRISTIAN McBRIDE & JEFF "TAIN" WATTS・・・だもんね[ぴかぴか(新しい)]

そんなに凄い人だったんだー( ̄∀ ̄;)シラナカッタ   

小曽根さんばっかり見てたから・・・って、遅いって~[あせあせ(飛び散る汗)]


世の中どこでどうつながってるのか、これは大発見でありました(笑)



もう一曲は、これがめちゃめちゃかっこいいの^^[るんるん]

ラップは苦手[ふらふら] なんて言わないで(笑) 

このアルバムのプロデュースにも参加している、DJ PREMIERのBeats & scratches は最高だし、

ファンキーでいて美しいサックスにロックテイストを感じる唸るギター!

ラッパーはUptown、良く知らないけど上手いっ!(笑)

「No Pain, No Gain」



コメント欄なしでごめんちゃい^^; 気楽に聴いていってね。


では、またね~^^[手(パー)]








nice!(44)  トラックバック(1) 
前の1件 | -
    USAEMONS USAEMONS  ♪ My Recently Playd Tracks ♪ ♪    ♭    ♪      ♪   ♪   ♪   ♯

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。